うなぎがまずい原因とは

うなぎは高級な食べ物で、日本人にとってご馳走です。特に土用の日にはウナギのかば焼きを食べるひとも多いようです。うなぎはおいしく食べるにはきちんとした調理方法があり、それを守らないとせっかくのご馳走も台無しになってしまいます。まずいうなぎほどがっかりなものはありません。

うなぎをおいしく食べる方法は、さばいてから素早く調理することが大切です。さばいてから時間をおいてしまうと皮が固くなったり、生臭さや泥臭さが出てきてしまいます。そして焼きあがったら熱いうちに食べたほうがいいでしょう。時間がたってしまうと皮が固くなったり、生臭さが出てきてしまい味がどんどん落ちてしまいます。もし鰻屋さんで食べるのであれば、素早く調理をしてくれるお店を探すといいでしょう。

しかしながら鰻屋さんで食べるのはお金がかかってしまいます。スーパーでトレイに入ったうなぎで我慢というひとも多いようです。スーパーのうなぎは大量生産なので、さばいてから時間もたっているししかも焼きも甘いので鰻屋さんに比べると皮が固くて生臭いものが多いようです。しかしながらスーパーのうなぎでもちょっとしたひと手間を加えればおいしく食べることができるようです。

スーパーのうなぎでもおいしくなる方法とは

スーパーのうなぎは、鰻屋さんのものに比べてしまうと皮が固く生臭さもありどうしても味が落ちてしまいます。値段が安いからとあきらめて仕方なく食べている人も多いようです。でもスーパーのものでも、ちょっとしたひと手間を加えるだけで鰻屋さんのものと変わらないぐらいおいしくなります。

多くの人はスーパーで買ってきたら、レンジでチンしたりフライパンや魚焼きグリルで温めてから食べているひとが多いようですが、それでは皮が固くなってしまいまるでゴムのようなウナギになってしまいます。
おいしく食べる方法は、スーパーのウナギを取り出してそのまま水で洗ってついているタレを落としてしまいます。洗ったらキッチンペーパーで丁寧に水分をふき取ります。次にフライパンに洗ったウナギを置き、ペットボトルの緑茶をウナギが浸かるぐらい入れて、そのまま火にかけて緑茶がなくなるまで煮込みます。できたら温かいご飯の上にウナギを載せて付属のたれをかければ出来上がりです。

ウナギをお茶で煮てしまうなんて信じられないようですが、これで身もフワフワになって皮もちゃんと柔らかくなります。緑茶にはウナギを柔らかくしてくれる働きがあるようで、これでスーパーのうなぎでもお店で食べるのとさほど変わらないぐらいおいしく食べることができます。