究極の養殖うなぎ坂東太郎

東京でうなぎを食べるなら、ランキングでも注目されている究極の養殖うなぎ坂東太郎が食べられるお店に行ってみませんか。創業慶応3年、老舗のうなぎ卸問屋忠平株式会社がプロデュースしたうなぎで、日本一と言われる利根川の天然に近い味と評価されています。

南太平洋で生まれた稚魚を自然に育つよりも優れた環境で育て上げています。えさにもスケソウダラやアジを使っているというこだわりようです。サシが入っていて繊細な脂が特徴です。高級料亭やレストランでしか食することができませんが、通販ではおいしいと評判となりランキング入りしています。

東京では日比谷駅のそば、炙一徹さんで食べられます。こちらは養殖会社の直営店になります。繊維が引っかかる感じがなく口の中でまろやかに溶けていきます。短冊、くりから、肝、ひれなどのオプションもあり、お酒のおつまみにもおすすめです。丁寧にひとつずつ炭火で焼き上げたうなぎを絶妙な蒸し、焼き加減でサービスしてくれます。活うなぎを調理するところからスタートしますので調理時間も40分ほどかかるという本格的なお店です。たれがごはんにさらっと絡み、ご飯の堅さも最高です。たれも追加できますし、大盛無料というのもうれしいサービスです。

ニューオータニアーケード街のうなぎ専門店

赤坂のホテルニューオータニのアーケード街にあるうなぎの専門店にいづは創業37年の老舗です。そばや会席もメニューにあり、てんぷらやかつと一緒においしくうなぎを食べられます。うな重や白焼きはおみやげにもできます。サービスも1流ですし、お店も風格がある外観ですが、リーズナブルな価格で外国人のお客様にも喜ばれます。御前とうな重は竹、松、特、極など種類も豊富で御前ならいろいろな料理でおいしいうなぎを堪能できます。かば焼きも松、松、特に分かれています。う

なぎの柳川鍋があり、お子様ランチもありますので、家族での食事にもおすすめです。肝焼き、うざく、うまきでお酒を飲みながらのんびりするのにもピッタリです。国産の良質な活うなぎをふっくらとした蒲焼でいただく贅沢を味わえます。そばは打ち立てです。ビジネスマンならボリュームたっぷりのリーズナブルなランチで味を確かめてみるのがおすすめです。割烹小料理屋ならではの洗練された彩も美しい料理の数々、江戸の粋を感じられる店構え、丹精に仕上げる職人の味を楽しめます。焼酎、日本酒、ワイン、ウイスキー、ビールとアルコールの種類も豊富で仕事の後の1杯にもぴったりです。