うなぎの魅力について

うなぎは年齢、性別問わず人気があります。夏になると、夏バテ防止や土用の丑の日に食べることも多いです。うなぎを食べると元気が出るというイメージもあるので、大事なことがある前日に食べて気合を入れる人もいるでしょう。そして疲労回復にも効果があるといわれています。うなぎには、ビタミンB1が含まれており、エネルギーを作り出してくれます。そのため、精がつくともいわれます。

ビタミンB1がたくさん含まれているので、元気になれるようです。その他のビタミンもいくつか含まれています。ビタミンA、ビタミンB2は美肌に効果があるとされています。ビタミンEも肌荒れ予防の効果があります。女性にも嬉しい効果がたくさんあります。なかなか元気が出て、美味しい、見た目も豪華な食べ物は少ないかもしれません。そういったところもうなぎは魅力があります。うなぎが大好きな人はたくさんいますし、有名なうなぎ店もたくさんあります。日本人は基本的にはうなぎが大好きな人が多いのです。そのため、土用の丑の日には、うなぎがとても売れますし、スーパーでも品切れになることもあるそうです。大好きなうなぎを食べて暑い夏を乗り切りたいものです。

うなぎの食べ方とまとめ

うなぎの人気の食べ方は何といっても蒲焼きでしょう。大好きで全国の有名店を食べ歩きしている人も少なくありません。家庭ではなかなか出せない味です。タレの香ばしく、甘いにおいは食欲を増進させます。身がふっくらとしていて、皮はパリッとしているなどこだわりもあるでしょう。蒲焼き以外にも美味しい食べ方があり、天ぷらや燻製、肝吸い、みりん干しなどがあります。

また、関東と関西では蒲焼きの焼き方や捌き方、味付けなどが異なっているようです。大好きな人なら、一度食べて比べてみても楽しいかもしれません。調理法もたくさんありますが、合う食材もたくさんあります。山椒は定番ですが、蒲焼きにはよく合います。少し皮の脂をさわやかにしてくれます。脂ものが苦手な方でも食べやすくなりますし、みなさんが大好きな薬味です。そして、山芋のとろろです。

とろろとの相性はとても良く、一緒に口に入れれば完全にマッチしてくれます。色合いも白なので映えていいのかもしれません。元気をつけたいとき、頑張ったあとのご褒美にも良いですし、女性で肌の調子が悪い方にもおすすめです。ビタミンは日々の生活で意識して摂らないと不足しがちなので、栄養補給にもばっちりです。