日本橋梅田 食通を唸らすう人形町の名店

うなぎの名店が軒を連ねる人形町でも、うまい店と名高い創業昭和40余年の名店梅田。雰囲気ある街並みの一角にこれぞ鰻屋という伝統的な和の雰囲気。備長炭で職人が丁寧にじっくり焼くうなぎはふわっとしていて、口に入れるとホロホロととろけていきます。これぞ日本のうなぎ!ジューシーなのにどこかさっぱりとしたモタれない梅田のうなぎ。職人のこだわりをヒシヒシと感じます。

そして珍しいのはご飯の上に梅が塗られている「梅田丼」昔から食べ合わせが悪いと言われてる「うなぎ×梅」そんな迷信はすぐに吹き飛びます。「うなぎ×梅」の相性の良さに驚きます。ジューシーなうなぎに梅の酸味がちょうどいい!夏の暑い日、疲れがとれない日、力が湧かない日に食べたい一品です。

そして梅田の名物と言えば「しら焼丼」ていねいに蒸しあげた白焼きをワサビと出汁醤油でいただきます。これは食通たちを唸らせ続けてきた一品。口に入れた瞬間にふんわりと上品な風味が口の中に広がります。うなぎの激戦区人形町で粋にうなぎを食べるなら梅田。「梅田丼」と「しら焼丼」の他にもちろんスタンダードな蒲焼きも絶品です。店内はいい雰囲気でありながら、とても清潔感があり女性も一人で入りやすいのもポイントです。

通に並んで一度はいきたい老舗かぶと

うなぎ好きなら一度は聞いたことがあるだろう、老舗「かぶと」その噂を聞きつけた全国の食通たちが連日集まる超人気店。関西風と言われる調理法は蒸さずに焼くスタイル。丁寧に焼かれ、皮がぱりっと香ばしく、身は驚くほどにジューシーで濃厚です。関東風と言われテイル蒸し焼きにスタイルの蒲焼きしか食べたことのない人には、関西風の濃厚な風味にまず驚き感動します!

そして、かぶとと言えば普段なかなかお目にかからない珍しい部位を串焼きで味わえることで有名です。店主のこだわりを感じるエリ焼き、ヒレ焼き、ハラミ、レバ焼き、バラ焼きなど、うなぎのバリエーションの多さに驚きます。そしてそのどれもパンチあるうまさです。渋い店内はいつでも人でいっぱいで、予約もなかなかとれない名店中の名店です。

様々なグルメサイトやグルメ雑誌やテレビでも数多く取り上げられ、日本一のうなぎ屋とも言われるかぶと。通に並んで一度は行きたいうまい店。楽しみ方が一気に広がり虜になること間違いなし。

濃厚な蒲焼きや串焼きにはやっぱり日本酒が合います。締めには、しら焼きと、うな重を。フルコースを味わえます。四万十川産の天然を池袋の名店で堪能できます。