うなぎは柔らかく美味しく

うなぎをふっくらさせる方法として、手軽ですぐにできるのは、電子レンジでの加熱です。ただお皿にのせて温めるのみではなくひと手間かけることで、柔らかさがアップします。お皿にのせたら少しだけ、お酒をふりかけるのがコツです。お酒をふりかけて食品ラップをしたら、1分間加熱をすると食感はふっくらです。

お酒をかけることで身も柔らかくなりますし、周りの皮も固くなることはありません。電子レンジの他には、フライパンを使いコンロで温める方法です。フライパンでの加熱の時にもお酒を使いますが、このときはひたひたに浸かるまで入れて温めます。濃厚なたれがあるようでしたら、お酒と一緒にフライパンに入れて加熱をさせて、弱火で5分ほど煮込みます。お酒が蒸発して消えたら、ふっくらとした柔らかい状態の完成です。

電子レンジよりも多めのお酒で、フライパンでの蒸す調理方法になるので、柔らかさはひときわアップします。お酒で蒸すという一手間が、魚の持つ柔らかさを、さらに際立てる要素です。フライパンを利用する加熱方法は、皮まで柔らかく仕上げる方法になります。ご飯に盛り付けて、濃厚なタレをかけていただくと、お店でいただくような美味しさです。

簡単で香ばしさとやわらかさを出す方法

うなぎをふっくらさせる方法として、オーブントースターを使う手段があります。オーブントースターは簡単ですし、柔らかさとともに、ほのかな香ばしさも味わいとして醸し出されます。オーブントースターでの加熱方法は、最初にアルミホイルを敷き、その上にうなぎをおいての加熱です。

お酒をふりかけて最初はホイルの包み焼き状態にして4分加熱をして、それからアルミホイルを開いてさらに2分間の加熱をします。周りに少しカリカリ感が出てくるので、この食感もくせになる美味しさの秘訣です。フライパン調理や電子レンジ調理と比べると、香ばしさが手軽に手に入ることと、片付けも楽というのはメリットになります。周りの皮にはカリカリ感がありますが、身は実に柔らかくてふっく らとしています。

スーパーなどで購入をすると、別途タレの調味料が一緒に入っています。食品トレーから出して加熱をするときには、あらかじめ付いている魚のタレは洗い流して、熱湯をかけて軽くタレをオフします。軽くタレを落としたら、キッチンペーパーなどで、周りの水分を拭き取ります。加熱調理をしたあとで、付属のタレをかける方が、仕上がりはもっと美味しくなります。