ふんわりとろける「う巻き」

うなぎが嫌いな子供は多く、大人でも苦手という方は少なくありません。そんな方でも食べる事が出来るレシピをご紹介します。うなぎは蒲焼きだけというイメージを覆す事が出来るので、子供でもしっかりと食べてくれます。まずご紹介するレシピは「う巻き」です。

うなぎ1/2串に酒小さじ1を振りかけたら、ラップをして電子レンジでふんわりするまで温めましょう。

温めたら串を抜いて、縦半分に切り、下準備をしておきましょう。

卵2個をときほぐしたら、顆粒だし小さじ1/2、醤油小さじ1、砂糖小さじ1、牛乳大さじ2を加えて、よく混ぜ合わせます。

熱したフライパンにサラダ油を適量加え、混ぜ合わせた卵液を少し流し込んで広げましょう。

そこへ、下準備を終えたうなぎを並べていき、あとは玉子焼きを焼く要領で焼いていくだけです。
綺麗に焼きあがったら、食べやすい大きさにカットすれば「う巻き」の完成です。

卵液に牛乳を加える事で、焼き上がりがふっくらするだけでなく、優しい味に仕上がります。この一工夫によって、うなぎが嫌いな子供でもペロッと食べてくれるでしょう。玉子焼き器を持っている方は、フライパンではなく玉子焼き器を使っても綺麗に仕上がります。

コクのある「うなぎのマヨ混ぜご飯」

続いて紹介するレシピは、マヨネーズでコクを出した「うなぎのマヨ混ぜご飯」です。

まず、うなぎの蒲焼き1串を1cm幅にカットし、酒を少し振って電子レンジで20秒温めましょう。

大葉3枚を千切りにしたら、ボウルにご飯450gとマヨネーズ大さじ3杯を加えて混ぜ合わせます。

よく混ざったらそこへ、うなぎを加えてさっくりと混ぜ合わせましょう。

ボウルから器に盛りつけ、錦糸玉子、大葉をトッピングすれば「うなぎのマヨ混ぜご飯」の完成です。

錦糸玉子は彩りを良くする為のものなので、なくても美味しく味わえます。また、大人が食べる際には、みょうが3個も千切りにしてトッピングすると、さっぱりとした味わいに仕上がるので、夏場にオススメです。マヨネーズのコクのある味わいの混ぜご飯は、子供からも人気です。

今回ご紹介した2つのレシピは、どちらも2人前から3人前の材料となっています。どちらのレシピも、うなぎが嫌いな子供でも食べやすいので、是非1度チャレンジしてみてはどうでしょうか。勿論、うなぎが嫌いどころか、大好きだという方にとっても、新たな味わい方として楽しむ事が出来ます。
そこで、好き嫌いを問わず家族で味わってみて下さい。