うなぎの焼き方にこだわる

土用の丑の日には、栄養満点のうなぎが食べたくなります。スーパーで購入したうなぎをおいしく食べたいのは誰もが考えることです。スーパーのうなぎを家庭でおいしく食べるためには、まず焼き方を工夫する必要があります。

まずは、スーパーで購入したうなぎのかば焼きに熱湯をかけてタレを洗いながします。もったいない気もしますが、うなぎをおいしくするポイントになります。タレを洗い流した後には、キッチンペーパーを利用してよく水気を切りましょう。

タレを洗い流してしまうと、風味が損なわれると考えている方もいるのではないでしょうか。しっかりと味が染み込んでいますので、洗い流しても味が損なわれることはありませんので安心してください。次に電子レンジで温める方法もありますが、焦げ目をつけておいしく食べたい場合にはオーブントースターを利用しましょう。

電子レンジに比べますと手間がかかってしまいますが、オーブントースターならうなぎの旨みを逃すことなく調理をすることが可能です。お店で売られているうなぎのようにふっくらと仕上げたい場合には手間をかけることがポイントになります。温める際にお酒をふりかけることによって、臭みがとれて食べやすくなります。

タレにもこだわりを持つ

スーパーでうなぎを購入した際に、タレも一緒についてきます。そのまま使うのもいいですが、おいしいうなぎを食べる場合にはタレにも一工夫する必要があります。レモンの酸味にはリフレッシュ効果の他にも、食欲を促進させてくれる効果がありますので夏バテ予防のためにも栄養満点のうなぎと組み合わせることをおすすめします。市販のタレにレモンを搾って使うことによって、爽やかなうなぎのかば焼きができあがります。

また、タレが足りない場合には自分で作る方法もあります。醤油とみりんを用意して、なべでゆっくり煮詰めます。次第にとろみが出てきますので、タレが完成します。ご飯に多めにかけることによって、おいしく食べることができます。

土用の丑の日にはスーパーで購入したものを工夫して、老舗店舗のような美味しい味を家庭で楽しみましょう。栄養満点のため、やはり値段が高価なものが多いです。特に国産のものとなりますと、外国産のものと比べて倍以上の値段になります。せっかく奮発をするのですから、おいしく食べることが理想的です。老舗のようなかば焼きを作る際には、焼き方とこだわりのタレを使っておいしく食べることが大切です。