失敗しないためにも種類をきちんと見る

うなぎを取り寄せで購入するとき、一番の問題は取り寄せてみないと実際のものがわからないということです。そのため取り寄せをするときには、どういったうなぎなのかよく確認してみることで、購入して後悔するということがないようにできます。まず、うなぎの種類ですが、大きく分けてジャポニカ種とヨーロッパうなぎです。二つの違いは明確です。大きさや身の柔らかさ、臭いが全くことなります。

ヨーロッパうなぎは身が大きいですが、臭いがキツく、身も固いです。一方、ジャポニカ種の場合は臭いに泥臭さがなく、身も柔らかいです。国産でも、ヨーロッパうなぎのものであれば、臭いと身の硬さは避けられません。柔らかくて泥臭くないうなぎを取り寄せたかったら、ジャポニカ種かどうかをきちんと確認していみましょう。さらに外国で育ったうなぎの場合、抗生物質や成長剤を多く使用して育てています。価格は安いですが、安全面は劣ってきます。日本産の場合、ジャポニカ種のものではない種類のうなぎが安い傾向があります。安全面では外国産よりも確保されていますが、味はヨーロッパうなぎになりますので注意が必要です。国産だからと期待してはいけません。

商品内容の違いを把握しておく

格安だからとお取り寄せしたら、とても小さなうなぎだったと後悔しないために、どのくらいの大きさかを確認することは重要です。通販サイトの中には、ちゃんとグラム数で表記されているところもあります。グラム表記であれば間違いありませんので信用できます。100g以上など丼ものにもできるうなぎかどうかで満足度も違ってきます。

グラム表記であっても気を付けなければならないことは、刻んでの販売かどうかです。ひつまぶし用に購入する人であればいいですが、うな重をしたい人が刻んであるタイプを買ってしまうと後悔します。重さの表記が一尾かどうかも気にしてください。税抜きか税込みか、送料込みか送料別かなども価格で失敗しないように見るべき点です。各商品を価格で見比べるさいに必ずチェックしてみましょう。ランキングの表形式だと、このような表記の違いの問題が解決できます。

同じ基準にしてあるので、選びやすいです。レビューなど、購入した人の評価も同時に見ることができるので、楽に選ぶことができます。通販では、スーパーでは見ることのできない商品が売っています。選ぶときには、普段スーパーで選ぶように買うのではなく、通販ならではの選定基準で選ぶと失敗しません。